GOODLIFE RECRUITING

TOP _ INTERVIEW _ 崔 正訓

最高の顧客体験を追求する。

崔 正訓

中途入社 / Marketing Strategy Office

これまでのキャリアの集大成。

当社の不動産総合ブランドSMARGのマーケティングとブランディングを担当しており、効率的且つ効果的なマーケティングコミュニケーションによるブランド認知度の向上や集客拡大、売上アップを目指しています。

私はこれまでに様々なグローバル企業を経験し、それぞれで新しいスキルを身に付けていきました。新卒入社したアパレルブランドの会社では若いながらも店長を任せてもらいホスピタリティの精神を学び、2社目の商社では海外の方と行うシステム構築のプロジェクトマネジメントを、3社目のITプラットフォーム企業ではWEBマーケティングを、4社目の航空会社ではアメリカでのグローバルブランディング業務を経験しました。

SMARGではお客様に上質なサービスを提供するための「ホスピタリティ」、正しくサービス価値を創出し集客する「マーケティングやブランディング」、そしてこれらのカスタマーエクスペリエンスを高度に実現するための「プロジェクトマネジメント」が必要となり、私の全てのキャリアを活かすことができ、やり甲斐を感じます。

上手くいかないことを、
成し遂げるのがミッション。

勿論新しいブランドや新規事業のため、エキサイティングである一方で上手くいかずに悩むこともありました。 例えば、オペレーション全体の統合です。お客様に商品を提供するためにはマーケティングやブランディングだけでなく、お客様と直接接点を持つ営業オペレーションもより良いものにする必要があり、どれも独立しておらず、全部が揃って1つのため、全体最適化する必要があります。

しかし、いくら集客しても営業フローに改善点があったり、逆に営業フローが良くなっても集客やブランド認知が芳しくないといったこともありました。その時には問題が起きているポイントを細かく見たり全体を見たりとミクロとマクロを繰り返す分析・改善をしたり、PDCAをひたすら継続し最適解を探し続けます。

このように上手くいかない時にこそ辛抱強く緻密に取り組み、成し遂げることが私のミッションであり、そのようなことに共感できる仲間をもっと増やしたいと思っています。 ただのマーケティングやブランディング領域に収まらずに、会社や事業全体を見て最高の顧客体験を追求したい方に非常にマッチする環境だと断言できます。

あなたにとってのGOODLIFEは?

一流ブランドを体験する

これまでは既に有名ブランドを持っている企業に勤めていましたが、今度は自身で有名ブランドを作ることにチャレンジしたいと思います。そのためには私が一流と言われるブランドを体験して理解しないといけないため、休日にはホテルやアパレル等の接客を受けたり、UXの優れた様々なサービスを体験する習慣を心掛けています。

ENTRY