GOODLIFE RECRUITING

TOP _ INTERVIEW _ 河面 匡人

ゴールを決めて、あとはやるだけ。

河面 匡人

2020年 新卒入社 / Property Solutions Department

全部負けたくないんです。

仕事は難しいことばかりですね。まず大前提として、多くの知識が求められる。不動産業界は扱うものも、金額も大きい。日々のタスクに向き合いながら勉強し続ける必要があるので、忙しくも充実しています。週に1回宅地建物取引士の勉強会を開くなど、会社からのサポートがあるのもありがたいです。

現場配属2週間で初申し込み、契約までこぎつけました。「自分を好きになってもらう」ということを一番に考えて、お客様に向き合いました。メリットもデメリットも正直に真っ当に伝える。電話での声をワントーンあげたり、メールで嫌な思いをさせることがないよう文面を配慮したりと、良い印象を持ってもらう努力を重ねる。一つ一つにこだわって努力することが大切で、それが結果につながったと思います。

上司と一緒の商談は、技術やトークを盗んでやろう!という思いで同席しています。トーン、順序、話の構成、リアクションなどを観察したり、家でも一人で練習したり。

同期が2人同じ部署にいるのですが、同じ営業マンとして、知識、技術、お金、すべてで絶対負けたくないです。自分を追い込みながら高みを目指せる環境は、ありがたいなと感じます。

目標、25歳で1千万。

就職活動時は、不動産業界しか見ていませんでした。若いうちからやってやるぞ!と思っていたので、打ち込んだ分が成果や稼ぎなど、目に見える形で反映されることが魅力で。GOODLIFEは、結果を認めてもらえる環境だと感じました。入社してからは、メリハリがあるな、というのが一番の印象。仕事にはとことん打ち込んで、終わったらパッと飲みに行く。プライベートと仕事の区切りをつけやすく、働きやすいです。

学生の頃から、掲げた目標はやりきりたいタイプ。趣味にものめり込む方です。例えば旅行に行くための貯金額を目標設定して、どれくらいバイトをすればいいのかを逆算して日々に落としこんでいくとか、毎日1時間勉強すると決めたら必ずきっちりやりきるとか。仕事においても、お客様に契約をいただくことがゴールだとしたら、契約のためにはまずお客様に会わないといけない、そのためには、自分を好きになってもらわないといけない…、と前段階を刻んで、あとは努力するだけ。本当にやる気というか、学歴関係なく自分の努力で這い上がっていける会社です。

社会人になるときに立てた目標は、25歳までに年収1千万を稼ぐこと。必ず実現してみせます。

あなたにとってのGOODLIFEは?

帰るのが楽しみになる、
良い部屋に住みたい

若いうちに23区の「いいところ」、例えば港区に住みたいと思っています。年収1千万円も、この目標を達成するためのもの。いつでも友達を呼べるような広い部屋に住めたら、カッコよくないですか?

ENTRY