GOODLIFE RECRUITING

TOP _ INTERVIEW _ 奈良 光将

採用は、同じ景色を信じて進む
仲間集め。

奈良 光将

2019年 中途入社 / Personnel Department

興味があったのは、
組織づくり。

入社したのは2019年5月。入って半年ほど任されていた仕入れ営業にもやりがいは感じていたのですが、自分が興味があるのは「数字づくり」よりも「組織づくり」だということに気づいたんです。その希望を会社が受け入れてくれて、今は人事として採用業務全般をやっています。

人事に異動して間もない頃、一人で説明会を任されました。成長機会が多く与えられるのがこの会社の良いところなのですが、そのときは「え、もう一人で行くのか?」と思いましたね(笑)。そこで、個別に何名かの学生と話す時間があったのですが、一人の学生がすごく興味を持ってくれました。地頭も良く、考えもしっかりしているので、ぜひうちに来てほしいと思いながらも、人事経験ゼロの僕にできることは「ちゃんとありのままを伝えること」だけでした。成長したい人にはぴったりの会社だということと、「どうせやるなら人生一度きり。面白そうな会社で働いたほうがいい」という自分なりの考えを素直に伝えたんです。その後、彼は選考を無事通過し、最終的にGOODLIFEを選んでくれました。内定承諾をもらったときは、素直にめちゃめちゃ嬉しかったですし、いい人材を採って会社に貢献できたという実感が湧きました。

「自分の手で」という
気持ちがあるか。

前職は大手の物流会社に勤めていましたが、「このままでいいのか」という不安があったんです。個人的な意見ですが、大手は自分で会社を動かしていくイメージが湧かなかったんですよね。GOODLIFEは、若い人も多いし、トップも若いので、自分の意見やカラーを発信していけると思いました。

採用は「同じ方向を向いて進む仲間集め」だと思っています。これから一緒に会社をでっかくしていく仲間。一人ひとりに役割があって、RPGのパーティーみたいなイメージですかね(笑)。自分が選考に関わった社員が、やりがいを持って働いているのを見るのが、僕のやりがいです。それをモチベーションにしつつ、「人」の側面から、会社を進化させていきたい。自分が会社をつくっていくんだという気持ちが大事だと思っています。なので、欲しい人材としても、受け身ではなく「自分がやってやる」と思える人や、ネガティブよりもポジティブに目を向けてがんばれる人が理想ですね。

あなたにとってのGOODLIFEは?

南国でハンモックに
ゆられる生活がしたい

夏が好きなので、ビーチでお酒飲んで遊んで、ハンモックにゆられながらのんびり過ごす生活がしたいです。どちらかというとアクティブな性格なのですが、たまにはじっとしていたい日もあるので、南国ハンモック生活は憧れます。メリハリは大事ですからね(笑)。

ENTRY